気をつける点

気をつける点

admin No Comments

名刺名刺を作成する上で、気をつけなければいけない点などは頭の中に入れておくようにしましょう。もしも見落としてしまったら、相手へのアピールの場を失ってしまう恐れがあります。先ずは名刺を作成する上で、絶対に忘れてはいけないのが「本名」です。

自分のペンネームだけを名刺に載せている方なども居ますが、名刺は基本的にビジネスで利用することが多いので本名は必ず載せるようにしなければいけません。これを忘れてしまうと、相手への印象も悪くなってしまう可能性もあります。初めて会う相手に対してのアピールの場を失ってしまう可能性もありますので気をつけるようにしましょう。

連絡先に関してはきちんと記載するようにして下さい。アドレスだけ、番号だけではなく、自分の事細かい連絡先に関しては載せておくのが一番です。
最低限、電話番号とアドレスだけは記載するようにしましょう。

中にはツイッター、フェイスブックのアカウントなども載せている人もいます。最近ではこのようなSNS関連を名刺に載せている人も多いので、自分をアピールする場なのであれば載せておいても問題はないでしょう。ですが、あまりにも個人的な趣味などでツイッターやフェイスブックを利用されているのであれば載せるのは避けておいたほうが無難です。相手にフェイスブックを見てもらって、印象が悪くなってしまっては載せておいた意味がなくなってしまいます。

 

名刺を作成する時は相手の印象に残る作成を

 

社会人になると名刺を作成する機会があります。会社員なら作成の際、自由度は少ないかもしれませんが、自由度の高い場合や、自営業の方は、相手の印象に残る名刺を作成してみましょう。印象に残ると言っても、最近の女性に人気のキラキラやハートなどの入ったのはどうでしょう。これは絶対してはなりません。友達に渡すならいいですが、社会でそう言うのを作ってしまうと、渡された人の印象は、最悪になってしまいます。

ならどの様なものを作るかと言うと、最近、多くの会社が採用している、顔写真の入ったものです。顔写真が入ることにより、あの人はどんな感じだったのかと頭から浮かばなくなってしまってもそれを見るたび、こんな顔してたとか、こんな性格だったとか、いろいろなことが思い出されます。ただし、ここで一つ要注意です。印象に残ると言うのは、良い印象だけでなく、悪い印象も強く残ってしますのです。

続いて、これは一部の人しか対照になりませんが、珍しい名前や、難しい漢字の名前の人はふりがなを付けるだけで、この字はこう読むのか、変わった名前だなと覚えられやすいのです。

最後に、バランスです。作成の場合に、注目してもらいたい項目を考えて見ましょう有名な会社なら会社のマークを一番目立たせれば良いでしょう。また、自営業の人などは、会社のマークを目立たせても何の会社かわかりませんので、職種などを目立たせるのもいいです。

これから新しく作成を考えている人は、そう言った点を十分に考え、自分だけの印象に残るものを作成してみてください

 

名刺は、個性を引き出すきっかけに

名刺とは何を書いているものですか。と考えた場合に、名前、住所、連絡先、電話番号というイメージが強いと思います。しかし、これ以上に受け取った人は色々なイメージで受け取ることがあります。

最近だと、縦書きという形式はすくないので、硬いイメージで受け取られることもあります。また、昔風に凸版印刷を利用すると懐かしいとか、高級なイメージを演出する事もできます。最近では、顔写真ではなく、特徴を掴んだ似顔絵(アバター)を使って本人の特徴をより個性的に演出する方法も使います。

その為に、仕事用とプライベート用にと複数舞カードを利用している人は多くいます。営業ツールとしても親しい顧客には営業用の携帯電話番号を追加したカードを利用したりします。一般的には、役職が変わったり連絡先が変わらない限りは2回目のカードを渡すことはないですが、スタンプなどを添えるたりメッセージを添える事により複数回渡したりして、印象を替えたり、印象を強く持っていただくようにする事ができます。名刺を持つことは、ビジネスマナーでありステータスであります。

しかし、最低限のルールを守る事は必要ですが、宣伝ツール、営業ツールとして新しい利用方法を作るチャンスです。

名刺の作り方

admin No Comments

パソコン名刺を作成するのが、会社の方針で決められているのであればそれに従うしかありません。ですが、名刺を自分で作成することが出来るというのであれば色々と工夫をしていくことも検討してみては如何でしょうか。

名刺というのは自分という存在を、相手に認識して貰う為のツールの1つです。だからこそ、効果的に相手に自分を知ってもらうためにも、色々と工夫を凝らしてみるのも悪いことではありません。

名刺を作成する上で先ずは考えていく必要があるのが、個人で作成するのか、それとも名刺専門店などに発注して作成して貰うかという方法に分かれます。パソコンの技術などが高い人であれば、個人で名刺を作成するのも問題ないでしょう。名刺のテンプレートなども無料でダウンロードすることが出来たりしますので、コストの削減にも繋がります。

ですが、デザイン性という面においては、やはり名刺専門店などに発注して作成して貰う方が個性を強く出すことが出来るでしょう。名刺専門店はデザイン性が強く、受け取る相手の印象も大きく変わる可能性もあります。名刺を作成するためにコストを抑えるのか、相手へのPRという意味合いも込めてコストを気にせずに作成するのかは人によって分かるポイントとなるでしょう。デザインの知識などもある方であれば、個人で作成して、自分らしい名刺を作成するのも良いかもしれません。

 

名刺をすっきりとしたレイアウトにする

名刺を作るならいかにも素人が作ったという雰囲気の名刺よりも、プロに作ってもらったような完成度の高い名刺のほうが印象がよくなります。自分で作るという行為は決して悪いことではありませんが、いかにも手作りという雰囲気ですと節約のために完成度の低い名刺を作っていると思われてしまう可能性もあります。どのようにすればいいのか分からないのでしたら自分が過去にもらった名刺を見て参考にしてみるのもいいかもしれません。

レイアウトなどいい部分があればそれを参考にしてみてください。一つワンポイントアドバイスをするすれば、文字の幅ができるだけそろえるようにしてください。もしもこれがばらばらですと一体感がなくなってしまうからです。そして会社の名前と自分の名前、そして電話番号と住所、それぞれの空間のバランスなどもみてください。

レイアウトをした後に引き伸ばしてみてみて違和感があれば何度も位置を変えてみてください。

ちなみに一番大きく掲載するのは名前です。名刺というのはあくまでもその人個人をアピールするものだからなのです。会社の名前も当然大事になりますが、会社の名前は自分の名前よりも小さくしてください。これでかなりすっきりとした名刺が出来上がります。

 

名刺に工夫をしておこう

物は仕事を効率化する上で必要とされます。そのため、自分達の目的に合わせた使い方をしていくことで、作業を効率化していくことができるようになります。例えば会社であれば利益を稼がなければなりません。利益を稼ぐために、物を使って仕事を進めていきます。営業であれば人に自分たちの会社の商品をしるきっかけを与えて行かなければなりません。そして、購入意欲が出た時に購入していけるような流れを作っていくことが大事になります。

例えば名刺です。しかし、名刺をもらっても、沢山交換している人は、もらった時に誰にもらったのか、いつもらったのか思い出すことができなくなることもあります。それでは、紙と同じになってしまいます。そうならないように、顔写真を載せたり、思い出したりしやすいように工夫をしていく必要が出てくるのです。そのようにして工夫をしておくことができれば、そのような営業が集客に、販売に結びつく流れを作っていくこともできるのです。

どのようにしれば利益に繋がるのかということを意識していくことです。仕事として行動をしていく以上は利益に結び付かなければ、作業も意味がなくなってしまいます。流れを引いて作業をおこなっていけるようになっていくことです。

名刺を渡す意味

admin No Comments

名刺名刺というのはビジネスを行う上で、無くてはならない存在です。ですが、そもそもどうして名刺というのを渡す必要があるのかと思った人も多いのではないでしょうか。名刺を渡すというのは、連絡先を交換するだけと考えている人も多いです。連絡先を交換するだけなのであれば、携帯の番号だけを交換すれば問題ありません。名刺を渡すというのには、それなりの意味が込められています。

ビジネスマンにとって名刺というのは、自分をPRするツールの1つとなるのです。名刺を渡すのを断る企業や個人などは、ほとんど居ません。基本的に名刺は渡されたら受け取るというのが共通の認識となっています。営業をするのであれば、先ずは相手に自分を認識して貰わなければ意味がありません。名刺というのは自分を認識して貰う為のツールの1つであると考えるのが一番です。

初めてお会いする相手だからこそ、自分を知って貰う為に名刺を渡すという気持ちで名刺を交換すると良いででしょう。理想は名刺を貰ったら、きちんと自分であるということを思い出して貰えることです。名刺の交換は今後の関係に大きく影響する可能性が高いです。だからこそ、印象に残る名刺をお渡しすると効果が高くなります。名刺を渡すことによって、今後の関係を発展させていき、ビジネスのチャンスを物にしていきましょう。

 

名刺の受け渡しのその前に

名刺の受け渡しにも正式な作法があるようですが、それ以前の段階として常に手元に用意しておく事が大切ではないでしょうか。来客された方を立ったままお待たせし、あわてて名刺を探し回るなどと言うのは印象が良くないですし、やはり失礼な事だと思います。

また、長く同じ会社に勤めていますと、その間に勤務地の住居表示が変更になったり、市外局番の桁数が変わったりと細かな修正が結構出てくるものです。だからと言ってその都度印刷し直すなんてもったいない、という気持ちもわかりますが、ボールペンで修正したり、何やら言い訳をしながら先方に渡すというのも体裁の悪いものですし、組織としての品格を疑われる事にもなりかねません。最近ではネット上で安価に印刷もできますので、会社の顔と考えて常に注意を払うように心がけたいものです。

また、文字一辺倒ではなく、担当者の似顔絵やQRコードが印刷された物も見かけますが、これはこれで親しみやすく、後になって本人を特定しやすいとう利点もあり、面白い思い付きだと思います。特にQRコードなどで会社のウェブサイトだけではなく、担当者の照会などできればよりフレキシブルな対応が可能になり、強く印象に残るのではないでしょうか。

時間のないときにも名刺を渡す

時代の流れが早いです。一分、一秒を大切にします。そのため、時間を気にして行動をするようになります。その時に、人と出くわしても、長時間話すこともできません。そのようなときにも名刺を持っていることで、自分の仕事を相手に知らせることができるようになります。そのような機会を見逃さないためにも、日頃から名刺を持っていると、いざ自分の仕事を効率的に、簡潔に説明しようとしたときに、説明できなくなってしまうことになります。

もしもホームページなどの自分のサイトを持っていれば、URLを載せておくだけで、渡した相手の都合で、仕事のことや、商品のことを調べることが出来るようになります。説明を必要としていない時に、説明をするのではなく、顧客が説明を必要としている時に、説明をしていくためにも、自分の仕事を代わりに説明できる情報媒体を持ったり、作ったりしていくことです。時代に応じて人が貴重だと思うものは違ってきます。

いまの社会では時間は貴重な資源の1つです。そのために時間を失わないためにも、安庭の時間を大切にするためにも、そのような情報媒体を使っていくことを考えて行きましょう。自分で作らなければ依頼をしていくことです。

印象に残る名刺

admin No Comments

名刺交換ビジネスマンにとって『名刺』というのは必要不可欠なツールの1つとなっています。名刺交換を行うことによって、相手に自分をアピールすることが出来ますので、印象的な名刺を相手に手渡して自分をアピールしていきましょう。名刺というのはただの連絡先の交換をするだけと考えている人もいるのですが、名刺を手渡すというのは自分をアピールするということにも繋がります。

このことを頭の中に入れておくだけで、今後のビジネスチャンスなどに大きく影響を与えることになるでしょう。その為にも名刺を作成するときなどには、出来る限り印象を残せる名刺を作成することをオススメします。

名刺というのは意外と簡単に自分で作成することが出来ます。自宅や会社にパソコンがあるのであれば、作成することが可能なので一度挑戦してみてはいかがでしょうか。もしもパソコンのスキルが高いのであれば、自分でデザインをして名刺を作成するという方法もあります。それ以外の方法としては、名刺を作成している会社などに依頼して名刺を作って貰うという方法です。デザイン性も考えられており、自分の好みの名刺に近づけることが出来るでしょう。自分なりに名刺を作成する方法を考えてみて下さい。

名刺を作成する上で気をつけなければいけないのは、自分をアピールする場であることを忘れないことです。ビジネスマンであれば必ず本名や連絡先に関しては記載しておかなければいけません。最近ではツイッターやフェイスブックのアカウントを名刺に記載している人も多数存在しています。

 

ビジネスシーンで欠かす事の出来ない名刺

名刺は氏名・住所・職業・身分等を記したカードです。他に所属する企業の事業内容やホームページアドレス、自身のメールアドレスも記載したり顔写真入りで作成したりもします。自己紹介の一環として交換されたり、ビジネスシーンでは形式的に手渡されたりしますが、先方に自分の顔を覚えてもらう為の大切なビジネスツールの1つとも言えます。

アジアの国々のみならず欧米でも使用されていて、欧米と日本での違いは欧米では別れ際に連絡先などの確認のために交換することが多いのに対し、日本では顔を会わせて挨拶と同時に交換をするという点です。

扱う際のマナーとしては来訪者から先に両手で渡すのが基本ですが、お互い同時に差し出した場合は自分のは右手で渡し左手で相手のを受取ります。受取ったら直ぐに仕舞わず打ち合せが終わるまでテーブルに置いておく事で初対面の相手の名前を間違えるのを防げます。常に切らさないように枚数を確認しておく事も大切です。

パソコンとプリンターがあればIllustrator・Wordなどのソフトを使用して自分で作成する事も出来ます。また電子メールに個人情報を添付する電子名刺もあり、Outlook Expressなどで利用出来ます。

 

ビジネスマンが名刺を持ち歩く理由

皆さん仕事上お得意先と名刺交換をする人も多いでしょう。特に営業がメインのビジネスマンは必ず名刺を持ち歩いていると思います。名刺は自分の個性をアピールする為に重要なアイテムです。その名刺について様々な説明をしていきたいと思います。

まず名刺を交換する目的な何かということ。それは自分がどの様な人物か、どの様な目的か相手に知ってもらわなければなりません。初めての知らない相手の挨拶がわりとしてコミュニケーション手段です。

誰でも取引先相手に良いい印象を持ってもらいたいと思います。そこでよい名刺作りが重要になります。インパクトのある名刺を作っておけば相手先の記憶に残りやすいでしょう。そこでより名刺の重要な要素を紹介していきます。

顔写真、肩書き、プロフィール、会社の事業内容、ホームページのアドレスなどです。私が思うに顔写真はとても重要だと思います。人と話すときはまず顔を見るからです。だから名刺に顔を載せておくと、あの人かと思いだしてくれると思います。