パソコン名刺を作成するのが、会社の方針で決められているのであればそれに従うしかありません。ですが、名刺を自分で作成することが出来るというのであれば色々と工夫をしていくことも検討してみては如何でしょうか。

名刺というのは自分という存在を、相手に認識して貰う為のツールの1つです。だからこそ、効果的に相手に自分を知ってもらうためにも、色々と工夫を凝らしてみるのも悪いことではありません。

名刺を作成する上で先ずは考えていく必要があるのが、個人で作成するのか、それとも名刺専門店などに発注して作成して貰うかという方法に分かれます。パソコンの技術などが高い人であれば、個人で名刺を作成するのも問題ないでしょう。名刺のテンプレートなども無料でダウンロードすることが出来たりしますので、コストの削減にも繋がります。

ですが、デザイン性という面においては、やはり名刺専門店などに発注して作成して貰う方が個性を強く出すことが出来るでしょう。名刺専門店はデザイン性が強く、受け取る相手の印象も大きく変わる可能性もあります。名刺を作成するためにコストを抑えるのか、相手へのPRという意味合いも込めてコストを気にせずに作成するのかは人によって分かるポイントとなるでしょう。デザインの知識などもある方であれば、個人で作成して、自分らしい名刺を作成するのも良いかもしれません。

 

名刺をすっきりとしたレイアウトにする

名刺を作るならいかにも素人が作ったという雰囲気の名刺よりも、プロに作ってもらったような完成度の高い名刺のほうが印象がよくなります。自分で作るという行為は決して悪いことではありませんが、いかにも手作りという雰囲気ですと節約のために完成度の低い名刺を作っていると思われてしまう可能性もあります。どのようにすればいいのか分からないのでしたら自分が過去にもらった名刺を見て参考にしてみるのもいいかもしれません。

レイアウトなどいい部分があればそれを参考にしてみてください。一つワンポイントアドバイスをするすれば、文字の幅ができるだけそろえるようにしてください。もしもこれがばらばらですと一体感がなくなってしまうからです。そして会社の名前と自分の名前、そして電話番号と住所、それぞれの空間のバランスなどもみてください。

レイアウトをした後に引き伸ばしてみてみて違和感があれば何度も位置を変えてみてください。

ちなみに一番大きく掲載するのは名前です。名刺というのはあくまでもその人個人をアピールするものだからなのです。会社の名前も当然大事になりますが、会社の名前は自分の名前よりも小さくしてください。これでかなりすっきりとした名刺が出来上がります。

 

名刺に工夫をしておこう

物は仕事を効率化する上で必要とされます。そのため、自分達の目的に合わせた使い方をしていくことで、作業を効率化していくことができるようになります。例えば会社であれば利益を稼がなければなりません。利益を稼ぐために、物を使って仕事を進めていきます。営業であれば人に自分たちの会社の商品をしるきっかけを与えて行かなければなりません。そして、購入意欲が出た時に購入していけるような流れを作っていくことが大事になります。

例えば名刺です。しかし、名刺をもらっても、沢山交換している人は、もらった時に誰にもらったのか、いつもらったのか思い出すことができなくなることもあります。それでは、紙と同じになってしまいます。そうならないように、顔写真を載せたり、思い出したりしやすいように工夫をしていく必要が出てくるのです。そのようにして工夫をしておくことができれば、そのような営業が集客に、販売に結びつく流れを作っていくこともできるのです。

どのようにしれば利益に繋がるのかということを意識していくことです。仕事として行動をしていく以上は利益に結び付かなければ、作業も意味がなくなってしまいます。流れを引いて作業をおこなっていけるようになっていくことです。

Comments are closed.