名刺名刺を作成する上で、気をつけなければいけない点などは頭の中に入れておくようにしましょう。もしも見落としてしまったら、相手へのアピールの場を失ってしまう恐れがあります。先ずは名刺を作成する上で、絶対に忘れてはいけないのが「本名」です。

自分のペンネームだけを名刺に載せている方なども居ますが、名刺は基本的にビジネスで利用することが多いので本名は必ず載せるようにしなければいけません。これを忘れてしまうと、相手への印象も悪くなってしまう可能性もあります。初めて会う相手に対してのアピールの場を失ってしまう可能性もありますので気をつけるようにしましょう。

連絡先に関してはきちんと記載するようにして下さい。アドレスだけ、番号だけではなく、自分の事細かい連絡先に関しては載せておくのが一番です。
最低限、電話番号とアドレスだけは記載するようにしましょう。

中にはツイッター、フェイスブックのアカウントなども載せている人もいます。最近ではこのようなSNS関連を名刺に載せている人も多いので、自分をアピールする場なのであれば載せておいても問題はないでしょう。ですが、あまりにも個人的な趣味などでツイッターやフェイスブックを利用されているのであれば載せるのは避けておいたほうが無難です。相手にフェイスブックを見てもらって、印象が悪くなってしまっては載せておいた意味がなくなってしまいます。

 

名刺を作成する時は相手の印象に残る作成を

 

社会人になると名刺を作成する機会があります。会社員なら作成の際、自由度は少ないかもしれませんが、自由度の高い場合や、自営業の方は、相手の印象に残る名刺を作成してみましょう。印象に残ると言っても、最近の女性に人気のキラキラやハートなどの入ったのはどうでしょう。これは絶対してはなりません。友達に渡すならいいですが、社会でそう言うのを作ってしまうと、渡された人の印象は、最悪になってしまいます。

ならどの様なものを作るかと言うと、最近、多くの会社が採用している、顔写真の入ったものです。顔写真が入ることにより、あの人はどんな感じだったのかと頭から浮かばなくなってしまってもそれを見るたび、こんな顔してたとか、こんな性格だったとか、いろいろなことが思い出されます。ただし、ここで一つ要注意です。印象に残ると言うのは、良い印象だけでなく、悪い印象も強く残ってしますのです。

続いて、これは一部の人しか対照になりませんが、珍しい名前や、難しい漢字の名前の人はふりがなを付けるだけで、この字はこう読むのか、変わった名前だなと覚えられやすいのです。

最後に、バランスです。作成の場合に、注目してもらいたい項目を考えて見ましょう有名な会社なら会社のマークを一番目立たせれば良いでしょう。また、自営業の人などは、会社のマークを目立たせても何の会社かわかりませんので、職種などを目立たせるのもいいです。

これから新しく作成を考えている人は、そう言った点を十分に考え、自分だけの印象に残るものを作成してみてください

 

名刺は、個性を引き出すきっかけに

名刺とは何を書いているものですか。と考えた場合に、名前、住所、連絡先、電話番号というイメージが強いと思います。しかし、これ以上に受け取った人は色々なイメージで受け取ることがあります。

最近だと、縦書きという形式はすくないので、硬いイメージで受け取られることもあります。また、昔風に凸版印刷を利用すると懐かしいとか、高級なイメージを演出する事もできます。最近では、顔写真ではなく、特徴を掴んだ似顔絵(アバター)を使って本人の特徴をより個性的に演出する方法も使います。

その為に、仕事用とプライベート用にと複数舞カードを利用している人は多くいます。営業ツールとしても親しい顧客には営業用の携帯電話番号を追加したカードを利用したりします。一般的には、役職が変わったり連絡先が変わらない限りは2回目のカードを渡すことはないですが、スタンプなどを添えるたりメッセージを添える事により複数回渡したりして、印象を替えたり、印象を強く持っていただくようにする事ができます。名刺を持つことは、ビジネスマナーでありステータスであります。

しかし、最低限のルールを守る事は必要ですが、宣伝ツール、営業ツールとして新しい利用方法を作るチャンスです。

Comments are closed.