名刺名刺というのはビジネスを行う上で、無くてはならない存在です。ですが、そもそもどうして名刺というのを渡す必要があるのかと思った人も多いのではないでしょうか。名刺を渡すというのは、連絡先を交換するだけと考えている人も多いです。連絡先を交換するだけなのであれば、携帯の番号だけを交換すれば問題ありません。名刺を渡すというのには、それなりの意味が込められています。

ビジネスマンにとって名刺というのは、自分をPRするツールの1つとなるのです。名刺を渡すのを断る企業や個人などは、ほとんど居ません。基本的に名刺は渡されたら受け取るというのが共通の認識となっています。営業をするのであれば、先ずは相手に自分を認識して貰わなければ意味がありません。名刺というのは自分を認識して貰う為のツールの1つであると考えるのが一番です。

初めてお会いする相手だからこそ、自分を知って貰う為に名刺を渡すという気持ちで名刺を交換すると良いででしょう。理想は名刺を貰ったら、きちんと自分であるということを思い出して貰えることです。名刺の交換は今後の関係に大きく影響する可能性が高いです。だからこそ、印象に残る名刺をお渡しすると効果が高くなります。名刺を渡すことによって、今後の関係を発展させていき、ビジネスのチャンスを物にしていきましょう。

 

名刺の受け渡しのその前に

名刺の受け渡しにも正式な作法があるようですが、それ以前の段階として常に手元に用意しておく事が大切ではないでしょうか。来客された方を立ったままお待たせし、あわてて名刺を探し回るなどと言うのは印象が良くないですし、やはり失礼な事だと思います。

また、長く同じ会社に勤めていますと、その間に勤務地の住居表示が変更になったり、市外局番の桁数が変わったりと細かな修正が結構出てくるものです。だからと言ってその都度印刷し直すなんてもったいない、という気持ちもわかりますが、ボールペンで修正したり、何やら言い訳をしながら先方に渡すというのも体裁の悪いものですし、組織としての品格を疑われる事にもなりかねません。最近ではネット上で安価に印刷もできますので、会社の顔と考えて常に注意を払うように心がけたいものです。

また、文字一辺倒ではなく、担当者の似顔絵やQRコードが印刷された物も見かけますが、これはこれで親しみやすく、後になって本人を特定しやすいとう利点もあり、面白い思い付きだと思います。特にQRコードなどで会社のウェブサイトだけではなく、担当者の照会などできればよりフレキシブルな対応が可能になり、強く印象に残るのではないでしょうか。

時間のないときにも名刺を渡す

時代の流れが早いです。一分、一秒を大切にします。そのため、時間を気にして行動をするようになります。その時に、人と出くわしても、長時間話すこともできません。そのようなときにも名刺を持っていることで、自分の仕事を相手に知らせることができるようになります。そのような機会を見逃さないためにも、日頃から名刺を持っていると、いざ自分の仕事を効率的に、簡潔に説明しようとしたときに、説明できなくなってしまうことになります。

もしもホームページなどの自分のサイトを持っていれば、URLを載せておくだけで、渡した相手の都合で、仕事のことや、商品のことを調べることが出来るようになります。説明を必要としていない時に、説明をするのではなく、顧客が説明を必要としている時に、説明をしていくためにも、自分の仕事を代わりに説明できる情報媒体を持ったり、作ったりしていくことです。時代に応じて人が貴重だと思うものは違ってきます。

いまの社会では時間は貴重な資源の1つです。そのために時間を失わないためにも、安庭の時間を大切にするためにも、そのような情報媒体を使っていくことを考えて行きましょう。自分で作らなければ依頼をしていくことです。

Comments are closed.