名刺交換ビジネスマンにとって『名刺』というのは必要不可欠なツールの1つとなっています。名刺交換を行うことによって、相手に自分をアピールすることが出来ますので、印象的な名刺を相手に手渡して自分をアピールしていきましょう。名刺というのはただの連絡先の交換をするだけと考えている人もいるのですが、名刺を手渡すというのは自分をアピールするということにも繋がります。

このことを頭の中に入れておくだけで、今後のビジネスチャンスなどに大きく影響を与えることになるでしょう。その為にも名刺を作成するときなどには、出来る限り印象を残せる名刺を作成することをオススメします。

名刺というのは意外と簡単に自分で作成することが出来ます。自宅や会社にパソコンがあるのであれば、作成することが可能なので一度挑戦してみてはいかがでしょうか。もしもパソコンのスキルが高いのであれば、自分でデザインをして名刺を作成するという方法もあります。それ以外の方法としては、名刺を作成している会社などに依頼して名刺を作って貰うという方法です。デザイン性も考えられており、自分の好みの名刺に近づけることが出来るでしょう。自分なりに名刺を作成する方法を考えてみて下さい。

名刺を作成する上で気をつけなければいけないのは、自分をアピールする場であることを忘れないことです。ビジネスマンであれば必ず本名や連絡先に関しては記載しておかなければいけません。最近ではツイッターやフェイスブックのアカウントを名刺に記載している人も多数存在しています。

 

ビジネスシーンで欠かす事の出来ない名刺

名刺は氏名・住所・職業・身分等を記したカードです。他に所属する企業の事業内容やホームページアドレス、自身のメールアドレスも記載したり顔写真入りで作成したりもします。自己紹介の一環として交換されたり、ビジネスシーンでは形式的に手渡されたりしますが、先方に自分の顔を覚えてもらう為の大切なビジネスツールの1つとも言えます。

アジアの国々のみならず欧米でも使用されていて、欧米と日本での違いは欧米では別れ際に連絡先などの確認のために交換することが多いのに対し、日本では顔を会わせて挨拶と同時に交換をするという点です。

扱う際のマナーとしては来訪者から先に両手で渡すのが基本ですが、お互い同時に差し出した場合は自分のは右手で渡し左手で相手のを受取ります。受取ったら直ぐに仕舞わず打ち合せが終わるまでテーブルに置いておく事で初対面の相手の名前を間違えるのを防げます。常に切らさないように枚数を確認しておく事も大切です。

パソコンとプリンターがあればIllustrator・Wordなどのソフトを使用して自分で作成する事も出来ます。また電子メールに個人情報を添付する電子名刺もあり、Outlook Expressなどで利用出来ます。

 

ビジネスマンが名刺を持ち歩く理由

皆さん仕事上お得意先と名刺交換をする人も多いでしょう。特に営業がメインのビジネスマンは必ず名刺を持ち歩いていると思います。名刺は自分の個性をアピールする為に重要なアイテムです。その名刺について様々な説明をしていきたいと思います。

まず名刺を交換する目的な何かということ。それは自分がどの様な人物か、どの様な目的か相手に知ってもらわなければなりません。初めての知らない相手の挨拶がわりとしてコミュニケーション手段です。

誰でも取引先相手に良いい印象を持ってもらいたいと思います。そこでよい名刺作りが重要になります。インパクトのある名刺を作っておけば相手先の記憶に残りやすいでしょう。そこでより名刺の重要な要素を紹介していきます。

顔写真、肩書き、プロフィール、会社の事業内容、ホームページのアドレスなどです。私が思うに顔写真はとても重要だと思います。人と話すときはまず顔を見るからです。だから名刺に顔を載せておくと、あの人かと思いだしてくれると思います。

Comments are closed.